2016年04月05日

双子育児 私を変えた日々

ミルクをあげても
あげても泣きじゃくり

抱っこをして
寝かし続けた日々

歩き始めて
何でも口にするようになり
目が離せずに家事も
ままらなくて
困った日々

魔の2歳でぐずくず言われて
どうしたらいいのかと
悩んだ日々

こんな状態が一生続くのかと
まるで出口のない暗いトンネルに
息子たちと取り残された気持ちになり
悲しくなった日々

息子たちと共に過ごした日々が
今ではそんな日々が
すべてが愛おしい

息子たちを産むまでは

ヒールをはいて出掛けること
スカートをはいて出掛けること
ゆっくり食事をすること

髪の毛を巻いてみたり
可愛くメイクをすること
ママになっても

全てが当たり前に出来ると
思っていた

可愛くベビーカーを押して
ぐずぐず言わない赤ちゃんを想像していた

現実は全くそんなことはなくて
本当に驚いた

自由にならない時間が
私を変えてくれました

待つこと、受け入れること
息子くんたちのグズグズを
聞き流すこと

辛いときも笑えるように
なりました

苦しい時も微笑むことが
できるようになりました

母になり、自分以外を
大事に思え

自分の時間を分け与えることを
学びました

自分以外を癒してあげること
ただひたすら与えること

時が全てを解決してくれること

とても大事なたくさんのことを
学ぶことができました

完璧にはなれなくても
大事に思ってもらえることも知りました

完璧でなくても
愛しいと思うんだと知りました

息子くんたちに
与えてると思っていたけれど
実は、私が与えてもらっていたこと

息子たちは
ものすごく頭が良いわけでも
ものすごく運動が
できるわけでもないけど
息子たちの存在自体が

私にとっては
とても素晴らしい存在


共に笑い
共に泣き
共に苦しみ

私は、息子たちのお陰で
もう一度、育ちなおすことができました

もう一度
学び直しなさい

神様がそんな風に
息子たちを私に授けてくれた気がします

今、毎日、私は、幸せです
何が起きたとしても
それは変わらないと思います

他人から見てどうであっても
私は毎日幸せです

息子とともに過ごした13年が
私をそう変えてくれました。


私、ななと 双子君を応援してねー♪
どちらかクリックしてくれると嬉しいなぁ〜o(*o▽o*)o
↓↓↓
★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育

★最近の私の趣味★

読書が趣味の私ですが
最近の私の趣味はセルフジェルネイルです♪

セルフジェルネイルキット
これ本当に買ってよかったぁ〜♪゜・*:.。. .。.:*・♪

3週間に1回セルフネイルをチェンジして
気分を変えています


私が買ったセルフジェルネイルキットの
詳細はコチラ⇒”Soluzgelジェルネイルキット<Basic>”



posted by nana at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

双子君たち13歳のお誕生日に思うこと・・・。

子育てとは、不確実なものに投資をするようなもの。
双子君たちにやる気を出させる

そしてやる気を出すまで待つ
結果は期待しない。
今朝、そんな風に思いました。

今月で双子君たちは13歳になります。

私が13年間、双子君たちを
育ててきて感じたことですが

子供をこういう風に育てたら絶対にこうなる!
そんな絶対的なマニュアルは存在しないということ。

ガチガチにルールを決めて
勉強させたり、運動させたりすれば
ある一定の成果は得られるんだろうな
そういうことは感じられました。

でも、ある一定な気がします。

そこに、双子君たちが心からそうなりたい!
そういう願いがないことには
何か問題にぶつかったときに
心が折れて立ち直りにくいような気もしました。

私が感じたことなので
これもまた
みんなに当てはまるというような
ことでもないと思うので
へぇ〜と読んで頂けたらと思います(*゚▽゚*)

この教材を使ったから賢くなる
この塾に通わせたから成績があがる

この運動教室に入れたから
運動が飛び抜けてできるようになる

そんな法則は人には通用しない
そんな気がしました。

おすすめの通信教育は?
おすすめの知育教材は?

いろんな疑問が産まれ
いろんなものを試したりしましたが

人間には、そもそもこうなったら
こうなるというようなものは
決まっていないように感じられました。

教材を使ったから
良い結果が得られるとか

塾に通わせたから
良い結果が得られるとか

運動塾に入れたから
良い結果が得られるとか

そうであるときもあれば
そうでない時もある

そう考えると
子育てって投資に似てるなって思うわけです(笑)

投資してませんけどね。
投資の本を読むと
あ〜似てる、似てるって思います。

普段の私たちの生活の中では
支払った費用の対価として

だいたい期待していたものが得られますよね?

先日、オール電化にしましたが
支払った分だけ家事が快適になりました。

お茶を自動で沸かしてくれたり・・・。

でも、子供って塾の費用や
お稽古事とか

支払った分だけ対価が得られるかといえば
殆どそういうことはありません。
あ、我が家だけかな(笑)

子育て、教育というものは
とっても不思議なものだなって感じます。

自分のことを分析しますと
支払った分だけの期待が得られないから
これだけ払ったのにって
もやもやして、
双子君たちにマイナスな言葉を投げかけてしまうんですよね。

子供に対して支払う教育費は
そもそも不確定なんですよね。

そういうことを
ついつい忘れてしまいがちです(*´Д`*)

塾でのお勉強や、お家での通信教育のお勉強
ピアノや、サッカー、野球などのお稽古事など

習った分や学んだ分の効果とか効き目って
いつ、どんなときに現れるのか
教えている先生にも
習っている子供にも
習わせている親にもわからないものなんです。

いつ、どのように現れるか分からないから
親は、やきもきするし

毎回、良い成績を期待するので
これまた親はもやもやしてしまうのです。

双子君たちが落ち込んでしまうと
私も子供の気持ちにシンクロして
一緒に落ち込んで怒ってしまうという
最悪のパターンになったりもします(^_^;)

高い教育費をかけていても
成果が現れない時もあるし

それほど教育費をかけていなくても
成果が現れているような時もあるし

目に見える成果のみを
期待しすぎるとイライラして
私も双子君たちもダメになってしまう気がしました。

私の場合ですが
双子君たちの成長に一喜一憂して
怒ったり、喜んだりしすぎるのも
良くないなって思いました。

だから、一喜一憂するのをやめて
もっと私自身に意識を集中するようにして
双子君たちがどうであってもシンクロしない!
強い気持ちで一緒にいることにしました。

自分と双子君たちが別って思えたら
何があっても楽になれました

小さな赤ちゃんの頃は
大げさに喜んであげると
やる気を出してくれるので良かったのですが

小学生高学年になってくるにつれて
私は双子君たちがどうであっても
側でふーん、へーっていうぐらいで
出来た時はよかったね、ぐらいの方が
いいように感じました。


どうしても、
出来た時よりもできなかった時の方が
私も注意したり怒ったりするので
できないってことに意識が集中するんですよね。

すると

双子君たちも無意識のうちに「出来ない」って
刷り込まれちゃうんです。

実は親の私が双子君たちに
「あなたたちはできない。」ということを
刷り込んでいたんですよね。
これに気づいたときはびっくりしました(*゚▽゚*)

いろんなことを経験して思ったことは
世の中には、たくさんの教育ビジネスがありますが
その情報を上手にピックアップして
世間の情報に流されることなく
双子君たちにとってどれが最適なのか
見極めて与えることが大事なのか持って感じました。


十人十色というように
考え・好み・性質などが、
人によってそれぞれに異なります。
みんな違うやり方で良いと思えたとき
気持ちが楽になりました。

みんな同じタイプの人間がいても
何も生まれないと思うし

いろんなやり方が存在することによって
ビジネスも成り立っている気がします。

だから、いろんな角度から
ものを見て、
いろんな角度から
物事を考えれるようになったほうが
いいよねって思えました。

双子君たちにないものばかり数えるよりか
双子君たちにあるものを数えたほうが
私も気が楽になりました。

今、双子君たちに与えたものが、
明日成果となって現れなくても
いいと思えたら
気持ちが楽になりました。

成果が現れないと
私は間違った選択をしたのではないか?
不安になっていました。

一番大事なのは
双子君たちが楽しく生きているかということ

塾に通うにしろ、習い事をするにしろ
おうちでお勉強をするにしろ
親に強制的にさせられているんじゃなくて

自分からやらないといけないという気持ちで
やっているかどうかってこと。

楽しんで勉強や習い事をできればそれでいいのですが
時には苦しい時もあります。

でも、双子君たち自身が
そのことをやらないといけないと自覚をして
やっているかどうかが大事かなって思います。

やらないといけないものと自覚をすると
子供ってほっておいてもある程度やります。

ある程度では・・・って思うかもしれませんが

本気でそれをやらないといけないとか
本気でそれをやりたい!って思ったときには

本気でやるような気がします。

ある程度できていれば
本気でやろうと思った時に
ちゃんと伸びると思うし
ベースがあるので努力次第で伸びると思います。

将来役に立つか、役に立たないかなんて
未来にならないと分からないもんです。

今、成果が出ないからといって
そのことが役に立たなかったって
落胆することはないなって思ったのです。

成果は出なくても、眠くても
しんどくても勉強したなら
その根性を学べてるってこと。

一見、無駄に見えることでも
無駄ではないってこと。

一つの事を学ぶことは
その事からいろんな事を学んでいるってこと。

無駄なことは何もないってことを
知りました。

13歳になる双子くんは
赤ちゃんの頃に比べると
数倍何でもできるようになって
大人と同じように理解できているであろうという
そんな錯覚に陥ります。

でも

まだ、13年しか生きていません。

「ね〜お母さん○○ってどういう意味?」

産まれてきて
13年経とうというのに
まだまだ質問の嵐です(^_^;)

40何年も生きてきた私も
失敗したり、落ち込んだり、
悩んだりして
知らないことだらけの中で生きています。

失敗したらやり直せばいいし
間違えれば正せばいいし
知らないことにぶち当たれば
調べればいいだけです。

そうやって、なんとか楽しく生きてます。

失敗はダメと思いがちですが
失敗からしか得るものはなかったかなって
そんな風にも感じます。

壁にぶつかり、どうしようかと悩み
そして、悩んで進んでいくと
前よりも自分が良くなっているように感じます。

自画自賛で申し訳ないですが(笑)
同じトラブルが起きても
回避の仕方を学べてる分
成長したなって感じます。


嬉しかったりする感情だけではなくて
悲しかったり、辛かったりする
マイナスの気持ちって
良くないように思われがちですが

それをどう受け止めて昇華していくか
これって本当に生きていく上で大事なことだから
悲しいこと、辛いことにもぶち当たってもらって
自分の中でちゃんと昇華できるように
なってもらいないなってそう思います。

成果が出なくても
親がまず良い方向に目を向けて
大丈夫って子供に思わせることができたら
それだけで子供は勝手に動き出してくれます。

勝手に動き出してくれるまでが
もやもやするし口も出したい!
手も出したい!そんな気持ちになりますが

そこはぐっと我慢して
見守る側に徹します。

手や口を出していて頃よりも
間違っても、時間がかかっても
子供自身が自ら動き出してやったほうが
自信に溢れて、生き生きしました。

そして、一度そういうことを経験すると
ほかの事でも自分から始めるようになりました。

例え失敗したとしても
それを見守り
待つということがこれほど大事なことなのかと
実感しました。

そんなことではこうなるよ!って
決めつけてしまいがちなんですが

私に未来が見える目があるわけでも
ないのです。

未来はある程度決まっているのかもしれないし
決まっていないのかもしれない

私と双子くんたちの気持ちがハッピーで
双子くんたちが
それぞれの夢に向かって生きていたら

夢にたどり着けるのかもしれないなって
最近思います。

その夢が、他人からしたら
へぇ〜っていうぐらいのものでも

双子くんたちがそれで幸せなら
それでいいかなって思えるようになりました。

幸せか、幸せかでないかを決めるのは
親の私ではなくて
双子君たちなんだからって
そう思えるようになるまでは
長い時間がかかりました。

夢にたどり着くのが10代であったり
20代であったり30代であったり
40代であったり
それはいつかは分からないけど

今の双子君たちにとっては
長い人生の中のたった13年です。

人生は短いように思えて
早く、早くと急かしてしまいがちです。

でも、80何年かを生きると仮定すれば
長い人生です。

ストレートに生きなくても
紆余曲折しながらでも
楽しく生きることができたら
それでオッケーな気がします。

今月で親になって13年ですが
どうしてあげるのがいいのかなって
ずっと考えてきました。

でも、本当は
どうしてあげるとかではなくて

双子君たちが決めた道を
側でうんうん、頑張ってねって
ただ応援してあげて

やりたいようにさせてあげるだけで
それだけで良いのかなって思いました。

人生に絶対に
こうしないといけないということはないし
こうならないといけないものなど
存在しないなって思います。

世の中は
いつも絶えず変化していくもののような気がします。
その変化を恐れずに楽しんで生きれるように
なってもらいたいと思います。

いつも自分に意識を集中して
自分の軸をしっかり持ってもらって
誰からどう思われようが
揺らぐことなく生きていってもらいたいと思います。

揺らぐことがなければ向かってくる
チャンスの電車に躊躇せずに
飛び乗れるような気がします。

みんな平等にチャンスが訪れていて
向かってくるチャンスに
飛び乗れる勇気があるかどうかの問題だと思います。

今に拘り過ぎて未来をダメにしないように
今はマイナスでもその後にプラスになるとか
先を見据えて生きていけるように
なってもらいたいと思います。

これは正しい、これは間違いと
白黒はっきりした世界で生きるのではなく

「これも、まぁありだね。」って
少々グレーな世界でゆったりと
気持ちに幅を持てて生きれたら
何が起こっても楽しく生きれると思うのです。

そうなって欲しい、欲しいと願うだけじゃなくて
まずは、私がそういう人でいないと
いけないなって日々反省しています。

今月13歳になる双子君たちへ

人生は素晴らしくて
願えば何でも叶うと

そんな世界に生きていると
思ってもらえると良いなって思います。

双子育児で大変な時がたくさんありましたが
私はそこからいろんなことを学べました。

子育てをする前はこうあるべきって
ガチガチだった気がします。

でも、

子育てを通じで
初めて
自分の思うようにならないことを
経験することができたおかげで

待つこと、許すこと、受け入れること
いろんなことを
学ぶことができて
前よりも良くなった気がします。


育てさせてくれてありがとう。
二人が
「成人するまでよろしくね。」って言った
成人まであと7年間、
よろしくね。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


私、ななと 双子君を応援してねー♪
どちらかクリックしてくれると嬉しいなぁ〜o(*o▽o*)o
↓↓↓
★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育



posted by nana at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

今年の目標を決めてみる♪

昨年も双子の息子くんたちの塾や野球の
送迎に追われていましたが

今年も引き続き、息子くんたちの
塾や野球の送迎に追われる一年に
なりそうな予感(^_^;)

絶対に忙しくなるだろうと思い
お正月はまったり、のんびりと過ごしました。

本当に、寝正月っていう言葉がぴったり(笑)

皆さん、お正月はいかがお過ごしでしたか?

最近の私は、少し心に余裕が出来てきたのか
息子くんたちが中学生になって
自分の育児を振り返って
思い出すことが多くなってきました。

双子を出産した当時は
早期教育とかバイリンガル教育とか
子供たちを賢く育てることに興味がありましたが

息子たちが大きくなるにつれて
私の中では、頭を賢くよりか、
心を育てることの方に重点を置くようになりました。

もちろん、勉強は大事だから
「勉強してね」って思いますけど(^_^;)

私自身が人と交わることが苦手で
すぐに落ち込んだり
生きることがしんどいなって思うことが
よくあったからだと思います。

好きなこともなんにもなかったので
息子たちには、私と違って
好きなことを見つけることが
出来たらいいなって思っていました。

やりたい!って言ったら
なんでもさせてみようって思い
習い事もやりたい!っていうものをさせました。

そして、その中でやりたいものを
ひとつ絞ってさせようと決めていました。

で、やりたいことに残ったのが
「野球」でした。

早期教育をして頭の良い子供を育てるぞ!
そう思っていたので

最初の子育ての目標と今の目標とでは
違ってきていますが
私の最終の子育ての目標は
息子たちとの距離を少しずつあけていって
子離れ、親離れができること

神様から預かった命を私が育てて
社会に送り出すこと

息子たちが楽しいなって思って
毎日過ごせる人になれること

それは今でも変わっていません。

毎年、息子たちは少しずつ成長していくので
私の中での一年のテーマというか
目標を決めて過ごしています。

「一年の計は元旦にあり」
と昔から言われるように
今年もどうなりたいかを年の始めに
しっかりと決めたいと思います。

目標を紙に書く事って大事だなって
思うので専用のノートを作って
私のこれからの目標を書いていくことに
しようと思っています。

息子くんたちにも目標ノートをあげました。
「夢が叶うノート」ってわたし的には思っています♪

夢を叶えるのは運でもなんでもなくて
自分なのかもって思うんです。

目標を決めたらその目標を口に出し
紙に書いて、実現した時を強く思い想像すること
ちょっとやってみようと思います。

自分にはできないとか思わずに
「自分はそうなる」って強い気持ちで決めたら
叶うような気がするんですよね。

プロになった人たちを見ていても
「そうなる!」と心に強く決めた人だけが、
目標を達成できていますよね?


だから、今年はどうなりたいか、
どうなるのかを息子くんたちと
決めてみることにして
何年後かに達成できているかを
検証してみようかと思いました。


そんなのかなわないとか思わずに
心の底から思おうねって約束しました。


いつのまにか気づいた時には
実現していたらほんとにびっくりですよね〜。
クスクス(*´∀`*)


でもね、言葉って本当に不思議なんです。

だから
少しでもポジティブな言葉と表現を使って
生活したいものです。


怒りや、憎しみのエネルギーは時には
人を前に進ませることもあるかもしれません
でも、結果としてそこには何も産まれないんです。

どんなに辛くて悲しい時でも
今ある幸せに目を向けて
自分らしく楽しく生きていけたらいいなって
いつも思います(#^.^#)

あ!最後に
育児とは違いますが、私の目標♪

・やってみたいことをしてみる

と言うので、前からセルフジェルネイルしたかったので
注文してみました。

ここね。

”Soluzgelジェルネイルキット<Basic>”


双子ママでもおばさんでもやっぱりいつまでも
可愛いものが大好きです〜
可愛くしていたいですぅ〜


いつも応援ありがとうございます♡

私、ななと 双子君を応援してねー♪
どちらかクリックしてくれると嬉しいなぁ〜o(*o▽o*)o
↓↓↓
★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育


★★★★★ 自分磨きのために買ってみました ★★★★★
 
 セルフジェルネイルキット買いました




”Soluzgelジェルネイルキット<Basic>”

今ならもれなくカラージェル5本(9,000円)をプレゼント!!




★★★★★ 私が読んだ 引き寄せの法則の本 ★★★★★

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣




ザ・シークレット


posted by nana at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

完璧じゃなくてもいいんだよね

双子の息子たちを産んで
改めて気づけたこと

人は愛されることで
愛することを
学ぶのだと気づけました

無駄なことも
間違いだらけなところも
すべてが可愛く
いとおしく思えるから不思議

完璧じゃなくても
すべてが可愛く
いとおしく思えるから不思議

あ、そうか
自分も完璧じゃなくても
愛されるんだ

そう気づかせてくれたのは
息子たちでした

間違っても
無駄なことをしても
許してもらえる
そう思えると

人ってこんなに気持ちが
楽になるものなのか

きっちりしなければ
ダメなことなんて何ひとつもないのに

知らず知らず思い込んで
自分を追い詰めていたのは
自分だったんだって
息子たちが気づかせてくれました

心配して先回りしても
なにひとついいことなんてないってこと
教えてくれたのも息子たちでした

子供って日々進化する生き物
昨日までの子供が、一生続くわけでもないし
一週間前までの子供が、一生続くわけでもない
一月前の子供が、一生続くわけでもない

少しずつだけど
毎日、毎日、どんどん進化していっている
一緒にいてると進化に気づかないけれど

誰かの力を借りなくても、自分の力で
自分のペースで、ちゃんと前に進んでいける

心配したことは、大抵のことは
杞憂に終わってしまう

息子たちと過ごした
この12年で学んだことは

私は、ただ
笑ったり、泣いたり、悔しがったり
落ち込んだりしている息子たちの側に
いてあげればいいだけってこと

「へぇ〜そうなんだ。」と頷いてあげれば
いいだけってこと

答えなんか私が見つけてあげなくても
自分で見つけてくるってこと

小学生の時に出した答えは
大人から見れば間違えでも
子供から見れば正しい

中学の時に出した答えは
大人から見れば間違えでも
子供から見れば正しい

時がたてば
あの時、こんなこと言ってたけど
今思えばおかしいねって
笑って話す時が必ずくるってこと

ガミガミ言わなくても
時がたてば、自然と分かっていくから不思議

大人は生きるスピードが速すぎて
結果だけが知りたくなる生き物で

子供は生きるスピードがゆっくりで
過程を楽しむ生き物なんだなって
気づきました。

振り返った時に思い出が、楽しかったたり
良かったりするのは

結果じゃなくて過程が楽しかったからなんだけど
大人ってそういうことを忘れてしまっている

私が子供の頃に欲しかったもの
それは、子供の頃に、愛されたという思い
大切に思われているという思い
信頼されているという思い
何があっても自分の生活は大丈夫という
安心感・・・。

私が欲しかったものを
全て息子たちに与てあげたい

そして、いつか
しっかりと自分を愛せる人に
なってくれるようにと願います

自分を愛し、他人を愛せる人に
なってくれるようにと願います

たくさんの楽しかったことを心に刻み
大人になった時に
たくさんの幸せを見つけることができますように・・・。
気づけますように・・・。

私に大事なことを気づかせてくれて
そして、あなたたちを育てることで
私ももう一度、
自分を育てなおすことができました。

私をお母さんにしてくれて
たくさんの楽しかったことと
たくさんの幸せを見つけさせてくれて

本当にありがとう
いつも感謝しています


いつも応援ありがとうございます♡

私、ななと 双子君を応援してねー♪
どちらかクリックしてくれると嬉しいなぁ〜o(*o▽o*)o
↓↓↓
★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育

★★★ 最近の読書 私が買って良かった本はコチラ ★★★

♥→サラとソロモン


♥→ザ・シークレット


♥→sweet特別編集 幸せをつかむ「引き寄せ」の法則 決定版












posted by nana at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

あるがままに

なんとなくおもうこと

ありのままの息子たちを受け入れて
ありのままの息子たちを愛して
大事に思って育てること

成績が良かろうが
悪かろうが

運動ができよううが
できまいが

それでいいよって
受け入れて育てること

ああ、僕は何もしなくても
僕自身の存在を
愛してくれているんだなって

その基盤がなければ
どれだけ出来ても

息子たちはいずれどこかで
ぽきんと心が折れてしまうんだろうなって

そう思うので

できない息子を認めて
愛することを忘れないように
しないとねって思います。

認められて育った人と
いくら頑張っても認められなかった人とでは

きっと幸福度が違うと思います。

それでいいよって
認められたことのない人間は
いつまでたっても
自分は出来てないと思い込んで
もっと、もっとと
頑張って生きてしまいます。

それでいいよって
認められたことがある人は
少々できてなかったとしても
まぁ、これでいいかって
幸せに生きていけるような気がします。

いつも応援ありがとうございます♡

私、ななと 双子君を応援してねー♪
どちらかクリックしてくれると嬉しいなぁ〜o(*o▽o*)o
↓↓↓
★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育




posted by nana at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたなりに

あなたが 私に言った言葉
私があなたに 言った言葉

そのときは本当だったんでしょ
だから それだけで十分

嘘をつこうと思って
言ったわけじゃなかったら

それでいい

あの時、あの時と
何かあるたびに

同じ言葉を繰り返し
同じ言葉で責め立てても

何かが変わるというわけじゃない

少しずつ自分の口から発する言葉に
責任を持っていけるようになれば

それでいい

自分の人生は
誰かが切り開いてくれるわけじゃない

時々やさしい誰かの
手を借りたたとしても

やさしい誰かは
自分の道を切り開いてはくれない

どんなに辛くても
どんなに悲しくても
どんなに苦しくても

歯を食いしばって生きていかないと
行けない時がくるけど

だけど

どんなときでも
楽しく笑って生きいきたいね

こんなことなんでもないさ
そう思えるのと
思えないとでは

辛さや悲しさや苦しさの
重さが全然違う


不満や愚痴や悪口を
言うのはとっても簡単だけど

口から出た言葉は
回り回って自分のところに
帰ってきちゃうもの

今あるものに感謝をして
今あるものを大切に

あなたなりの幸せの価値観を
見つけられるようになりますように・・・。

いつも応援ありがとうございます♡

私、ななと 双子君を応援してねー♪
どちらかクリックしてくれると嬉しいなぁ〜o(*o▽o*)o
↓↓↓
★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育








posted by nana at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

最近の私の読書・・・。

最近の読書で良かったもの。

『ありがとうの神様』

ありがとうの神様




どん底でも何となく
いつも上手くいくから
神様はいてるのかも…って
思ってたけど

自分の考えと
ぴったりマッチしてて
読むのがとても楽しかった本でした。

どんなときでも
誰に対しても
ありがとうと声に出して
言うだけで
前向きになれるとか

憎い相手や、腹が立つ相手を
許せなくても
感謝することは出来るとか

価値観が違って
分かり合えないなって
思う人がいないひとは
いないだろうし

憎んだり
怒ったりすると
負のエネルギーで
何だか自分までやられてしまうから


憎い相手や、腹が立つ相手には
憎しみや、怒りをコントロールする
チャンスを与えてくれて
ありがとうと感謝してみるといいとか


価値観が違う人とでも
それなりに上手く人と付き合う
方法を学ばせてくれて
ありがとうと感謝してみるとか


不思議なことに
そう思うと憎しみや怒りが
価値観の違いのイライラが
薄まるそうな

その他、ありがとうに関する
目から鱗なことが
たくさん書かれていて

読んでいてへぇ〜右矢印2
そう思いました。

ありがとうと感謝することで
世界が変わると言うことを
改めて教えてくれた本でした。

いつも応援ありがとうございます♡

私、ななと 双子君を応援してねー♪
どちらかクリックしてくれると嬉しいなぁ〜o(*o▽o*)o
↓↓↓
★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育




posted by nana at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親のやってほしい時と、子供のやりたい時って違うんだよね。

双子ってなんでも同じように
したいわけでもない

やりたいとき
やりたいことも
少しずつ違う。

私の都合で、いまして欲しい
そんな理由だけでは上手くいかない

その理由が納得いくものではないと
ただの押し付けで終わってしまう

納得できないから
ぐずぐずしてしまう

納得できないから
口答えする

納得できないから
やらない

私の時間と息子たちの時間と
お互いに共通する部分は
家族と言うチーム

だから
お互いの時間をシェアしたり
相手に合わせたりしないと
生活が成り立たない

お互いに譲り合わないと
衝突ばかりで上手くいかない

それぞれ違う人間だけら
それぞれの時間を
尊重しながら
お互いを認めあい
協力しないと

みんな違う人間だから
なかなか難しい

親だからと言う理由だけで
私のルールばかりに
従うこともない

中学生になった息子らには
彼らの意思もある

自分達で決めれることは
自分達で決めて

その責任を自分でとってくれたら
それでいいと思う。

良くても悪くてもね

やりたくないことも
いつかは、歯を食いしばって
やっていかないといけないから

やりたくないことからも
逃げ出さずに

自分なりの方法でやっていけてるなら
それでいい


★最近の読書★

「アンガーマネジメント 怒らない伝え方」
という本を読みました。

アンガーマネジメント 怒らない伝え方




怒りをコントロール出来れば
上手くいくんだって
ヒントをもらえました。

子育てからは、いろんなことを
学ぺるし、新しい私を発見できます。

私の周りにいる人たちに
いつも感謝しています。
ありがとーてれてれ光るハートきらきら

いつも応援ありがとうございます♡

私、ななと 双子君を応援してねー♪
どちらかクリックしてくれると嬉しいなぁ〜o(*o▽o*)o
↓↓↓
★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育




posted by nana at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

子育て名言 正しいこと

私の正しいことが
子供にとって正しいことではない

そんなことに
最近になって気づきました


人として最低限の
マナーやルールは教えないと
いけないとは思うけど

それは

人としての最低限のことだけでいいのかも

例えば、
他人を傷つけないとか
人のものを盗まないとか

その程度でよくて
何もかも私の正しい価値観に
あわせるべきではないんだなぁと

子どもそれぞれに個性があって
生まれ落ちてくるその時に

神様からちゃんと
生きる道の
地図を渡されて生まれてきてるのかもと

そう思うときがある

何かに興味を持ったり
するのも
ちゃんと地図には記されていて

それを見つけてあげるのが
私の仕事なのかなぁ〜と

どのこにも、
好きなこと一つぐらいはあるはず

どのこにも、
やりたいことの一つぐらいはあるはず

仕事になるかならないかという
私たちの価値観が

正しい時もあれば
正しくないときもある

息子が自分で興味のあることを
見つけたりすると

何かに導かれるように
歩いているのかもと思うときがある

私は子どもが安心して
迷いなく

子どもが自分の道を
自分の足で
歩いていけるように

子どもが生まれ落ちてくるときに
手にしていた
地図に光を照らしてあげること

私の正しいを押し付けることでは
ないんだろうなぁ〜と

初めて人生の岐路に立つ
息子たちを見てそう思いました

正しいことは1つではないんだなと
今ごろになって気づきました

もうすぐ小学校を卒業する息子たちへ
卒業おめでとう



★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

久しぶりの 子育て名言 あなたは自分の欠点を愛せていますか?

子育て中は、誰もが悩みやストレスを抱えてしまいます。
そんなママたちの子育てのヒントになれれば幸いです。
ちょっと思いついたので自分のためにも書いておきます(´∀`)


あなたは 自分の欠点を愛せていますか?
あたなたは 自分の欠点を許せていますか?

完璧じゃなくても
愛されるべき人間だと
他人からの愛をすんなりと
受け入れることが出来ますか?

それができるのは
子供の頃に 親から
出来ない自分を受け入れてもらった証拠

当たり前すぎて
気づいていないけれど

そういうこと

親は子供の
欠点ばかりが目につくけれど
出来ないことを指摘し続けると

子供はその事ばかりが気になって

欠点のある自分はダメだと思ってしまう
欠点のある自分は愛されるべき人間だと思えなくなる

例えば

テストで98点をとっても
認めてもらえない子と

80点でも凄いねと誉めてもらえる子は
80点をとった子供の方が自己肯定力が高いと言う

何事においても

失敗しても
残念だったね、次また頑張ろうといってもらえたなら

失敗してもいいんだと思え、
次また頑張ろうと思えるようになる

失敗を許し、
その子の頑張りを認めることが

本当は大事なこと

許されないと思い込むと
完璧ではない自分を受け入れられなくなり
完璧でいなければと思い込んでしまう

こうなってほしいと方向づけは大事だけど

欠点はかりにに意識を集中させるのは本当は逆効果

あなたが子供に向かって言うとき

少し考えてみてください

それは、誰が困るから?
それは、本当は誰のため?

Think when you say to your children.


★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

子育て名言 息子の名言

6年生の息子の名言
この間のできごと
息子の一人が

「他人の感情をコントロールすることなんができないよ。」

息子くんがもうひとりの息子くんに話してた。

「お前なぁ〜。」
「●●だろ?」

聞いてるこちらも、ホントですね。
うなずけるほどの説明。

大人ぁ〜ってなっちゃいました。

でも、この息子君。

赤ちゃんの頃はすっごく鈍くさくて
自分が遊ぶのに夢中で
気づけばお砂場で一人ぼっち
お友達がいなくなったことにも気づかなかったり


この子って本当に大丈夫??

心配しましたが


10歳を過ぎた頃から
どんどんしっかりし出して

時々こちらがドキッとするような
冷静なことを言ったりするようになりました。


今年の4月で中学生
子供って親が思うほど子供ではないなって


日々痛感させられます。


いつまでも子供を子供扱いせずに
尊重し合って
間違ったらまたやり直して

親も子供も日々成長していけたらと
思います。


みなさん、今年もよろしくお願いします


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


高濱正伸の10歳からの子育て





10歳までが勝負!「生きる力」をはぐくむ子育て




伸び続ける子が育つ お母さんの習慣


posted by nana at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

子供の夢を叶えたいなら「あなたなら出来るわ!」と言ってみる?

子供の時の夢を叶えた人の共通点ってなに?
それは将来の夢を作文に書いていたとか


将来の夢をノートに書いていた


多くないですか?


それともう一つ


母親が子供の夢をバカにせず
応援していた


多くないですか?


例えばイチロー選手

「あなたなんてプロ野球選手なんて無理、無理。」
「なれるかどうかわからないんだから。」
「野球ばっかりせずに勉強しなさい。」


そう言われてたらきっと


プロ野球選手になろうなんて
大きな夢を持たなかったんだろうなって思います。


スポーツ選手じゃなくても
どんな夢であっても


身近な親が「あなたなんて無理よ。」


そう言わなければ
子供って夢に向かって進んでいって
自分の夢に引き寄せられるんじゃないかなって
そう思ったので


子供の夢は否定せず


「うん、お母さんも○○ちゃんならなれると思う。」


そんなセルフを言ってきました。


将来の夢だけじゃなくて


日々の小さな「夢」についてもそう

「泳げるようになりたい」とか
「野球で打てるようになりたい」とか
「マラソン大会で一番になりたい」とか


「〜になりたい!」と子供が言う時には


「うん、それに向かって行ったらなれるよ!」


軽い?といえば軽いセリフを吐いていました。


初めは信じられなかったけど
子供の「こうなりたい!」と願う力ってすごくて



そばで「うん、うん、大丈夫。なれるよ。」


そう応援してあげるだけで


そうなるから不思議です。


ならなくても、思った方に
近づくから不思議です。




不思議なことに

ポジティブな発言をすると
いい方向へ向かいます。


例えば、それが同じ状況でも


ネガティブな発言をすると
悪い方向へ向かいます。



だから

子供の夢を叶えたいなら
「あなたなら出来るわ!」
「あなたならなれると思うわ!」


大いに子供を褒めるといいのかもと



そして忘れてはならないのが


やっぱり


紙に書くこと


紙に書いて声に出すと
夢に向かっていくし


夢が引っ張ってくれる気がします



あ、でも



ちゃんと努力は怠らずにです

嘘のようなホントの話


みなさんもお試しあれ〜(*´∀`*)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

世界一ふざけた夢の叶え方 [ ひすいこたろう ]

価格:1,512円
(2014/10/7 10:50時点)
感想(2件)




posted by nana at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それって子供が好きだからですか?あなたが好きだからですか?

子供に習い事をさせるとき
考えること


それって私が好きだから?
それって私がさせたいから?



それって子供が本当にしたいの?


私が自分でできないことを
子供に押し付けてない?


私は私で子供は子供
同じじゃやない


子供は自分が認めてもらうための
道具でもなんでもない


やりたいことをやりたいときに
出来る機会を与えてあげるだけ


例えば目が出ずにいても
例えば才能がないなって思えても


それって全部無駄ではない



子供にとって
習っててよかったって思えれば
それでいい

大事なことは


誰のために習っているのか


それだけ


上手にできなくても
目立たなくても


続けたいほど好きなら
それでいい



息子が11歳になってやっと気づけたこと
まだまだたくさんある



自分が子供の立場にならないと
気付かなかったことを


たくさん学ばせてもらえる仕事
それが子育て


13年か、15年そこらの私の仕事


子供がやりたいのか?
私がやりたいからなのか?


よく考えて


そして
私がしたくないからと
やりたいことを奪うことはないように


こうしないといけないと
その思い込みをすてたら


本当に楽に子育てを楽しめるはず





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



常識を疑うことから始めよう [ ひすいこたろう ]

価格:1,296円
(2014/10/7 10:30時点)
感想(5件)






22世紀的「人生の攻略本」 起こることは全部マル!   3時間で新しい自分になれるワークブック [ ひすいこたろう ]

価格:1,439円
(2014/10/7 10:33時点)
感想(0件)




















posted by nana at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に困るのは?あなたですか?それともこどもですか?

最近私が気づいたこと

子供のためにと思って
怒るけど
本当にそれは子供のため?


本当は私が子供を見ていて
イライラするから?


本当は私が子供に
してもらいたくないから?

子供のためと思っていたけど

本当は
子供の立場ではなくて

私の立場からしか
考えていなかった?

子供が私の目の前で
喧嘩をするから
うるさいから怒っていただけ?


子供が朝から学校の準備をして
ない、ないと言うのを
聞くのが嫌だから?


子供が忘れ物をしたら
親がしっかり見てないと
私のせいにされるのが嫌だから?


子供がしっかり育ってないのが
私の育て方が悪いと
思われるのが嫌だから?


なぜ?子供がそうしているのか?

なぜ?子供がそれをしたいのか?

なぜ?子供がそう言うのか?


ひとまず

自分の気持ちは箱にしまい


それから、子供になって考えてみる


それが正しいことなのか?
それが悪いことなのか?


人として悪いことじゃない限り
別にどうでもいいかって思えてくる

子供が

自分で判断しようとしているのに
自分で責任を取ろうとしているのに


その機会を、その経験を
私が奪ってしまうのは
どうなんだろう?



自分でやってみないと
親のやり方が良かったのか
自分のやり方が良かったのか


間違わないと良い選択なんて
できるわけがない


親が言ったとおりにしてくれれば
楽だけど


でも、ちょっとよく考えてみると

社会に出た時に
人に言われないとできない
そんな息子でいい??



人に言われなければ
相手の感情が分からない
そんな息子でいい???

私は息子をそんな大人にしたいの?



だから


ゆっくり考える時間が必要。


せかせかと忙しく時間はすぎるけど
親も子供も立ち止まって


ゆっくり考える時間が必要。


子供だって間違えていいように
親だって間違えてもいい


完璧でなくていい

そう思うと、少し楽になる

ことが起こって子供を叱るとき
怒りに任せて叱るのではなく


本当に困るのは?私なのか?
それとも息子なのか?


心の隅にちょっと置いておくだけで
私にも、息子にも
変化がおとずれる


嘘のような ホントの話



★★★★★名言本★★★★★


【1000円以上送料無料】おばあちゃんに聞いたらくらく子育て名言集/城ノ内まつ子/大内かなえ






3秒でハッピーになる名言セラピー [ ひすい こたろう ]










posted by nana at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

反抗期の息子には側で大丈夫と寄り添うだけ

小学生高学年になって
少しずつ 自分で考えて

私があれやこれやと言うと
小さな頭で考えたことを
遮断されると

嫌になってしまうお年頃。

自分で考えてやろうと決めても
そこはまだまだお子様で

やろうと思ったけど・・・。

チャンチャン

そんな結果になってしまう。

だけど、やっぱり
自分の思ったようにしたいから

「わかったよ!」なんて言っちゃうんだよね。

心と体の成長が上手くいかなくて
イライラしちゃうんだよね。


やろうと決めたのに
できなくて
自分でも分かってるから
イライラしちゃうんだよね

母はちょっと距離を置いて
見守ることにします

例えばそうすることで
失敗しても
それでいいのかもと

失敗しない方がよくないのかなと

いずれ一人で歩いていかないといけないから
自分の頭で考えて

今何をするべきなのか
何を先にして
何を後にするのか

今日は何をするのか
明日は何をするのか

間違えたら私ではなく
自分で軌道を修正できるように

大丈夫、大丈夫と
成功しても、失敗しても

側で見守るしかないんだなって
そういう時期が来たんだって

少しずつ、少しずつ
わたしと息子の間には

こうやって自然と距離ができて
離れていくんだと思います


人生はいいことばかりではありません
辛くて苦しい時に
赤ちゃんの時のように
わたしは息子を守ってあげることはできません

例え私がいなくとも

どんな時でも
なにくそって思って
前に進んでいける人になりますように


側でずっと見守りたいと思います。


わたし自身と
私の息子を信じたいと思います

★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育

posted by nana at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

育児で学ぶこと 自分が変わること。

他人なら腹が立たないことも
兄弟だと腹が立つ

他人だと腹が立たないことも
夫婦だと腹が立つ

他人でも腹が立つのは
なぜ?

これだけ私はやっているのに
こだけ私が我慢しているのに

お腹の中にありません?

でも

相手だってきっと
これだやっているのに
これだけ我慢しているのに

あるはずです。
なぜ気づけない?

タイミングや量が違うだけ

自分だけ我慢してるなら
自分が変わってみる

そんなに我慢しなくても
相手は受け入れてくれるかもしれません。

そんなに頑張らなくても
相手はうけいれてくれるかもしれません。

出来ないという事を言っていますか?
やりたくないと言ってますか?

自分だけっていう思いを捨てれば
いいだけだってきづけたら
きっと何かが変わります。

相手に求めても
相手を思い通りになんてできません。

とにかくまず自分がかわらなきゃね。

兄弟げんかした息子に言いました。
そして、自分にも言いました。

正直に気持ちをぶつけて
お互い許しあって
認め合って
許容しないと

共同生活なんてできないもんね。

時間を取って二人の話を聞くことで
こんがらかってしまった糸がほどけました。


今までよりも、もっともっと仲良しになれそうな予感です。



posted by nana at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

子供がピンチの時になって初めて分かる親子の絆の大切さ

親子の絆って言っても築けているか、築けていないかなんて目で見て分かるものではないので普段は本当に分からないと思います。

でも、この親子の絆が発揮するのって子供の状態がいい時じゃないんですよね。どんな状態かっていうとやっぱり子供がピンチの時です。

絆がしっかりしていると、子供がピンチの時に親が子供を救おうとしている愛情を子供が感じやすいんだと分かりました。

私、自分で言うのもなんですが、見かけがそんない怖いとも思わないし、体もガッツリしている方でもありません。どちらかというと見た目弱そう?(ご存知の方はそんなことないよって思ってますо(ж>▽<)y ☆)

でもね、息子二人からは「おかーさん怒ったら怖い。」って言われてるんです。

ちょっと前まではそうかぁ・・・私って怒ったら狂暴になるのねなんて思ってました。実はそうではなくて、自分たちにはお母さんが必要で、お母さんが大好きだから、怒って出て行かれたらどうしようもなくなるから・・・。

怒られるのもちょっぴり(ちょっり??)怖いけど、私が言なくなる方が怖いらしいです。私という存在がいなくなる「恐怖」からくる怖いだったようです。

息子達の中に私という母という存在がちゃんと築けているんだなって思いました。あ〜でも・・・これって・・・親子の絆とちょっと違うか???

でもね、私、普段は極力怒らないようにして野放しに育てていますが、ここっていう時には「お母さんが決めたらやってもらう。」みたいな譲らないとこあります。

命にかかわるような事だとか、子供の人生に関わるようなことだと、子供よりも長く生きている私が考えるしかないので、私が子供にとって最善の方法だと思う事をやるし、ついてこい!ってそんな感じになっちゃうんです。

一生懸命考えて息子達にそれを話すと、子供もついてきてくれるんですよね。

家族の誰かが大変だったら・・・。

みんなで助け合わないと生きていけないでしょ!めんどくさくても、やりたくなくてもやる!!やらないやつはこの家から出ていけ!!ぐらいの勢いあります。

あ、結構怖いね・・・私。

でもね、中学生になって反抗期とかが来る前にそういう関係を作っておきたかったんです。

だって、ちょっとグレたりしちゃう時期じゃないですか?それでも、子供とちゃんと絆が築けていたらお互いに信用して待てると思うんです。

ちょっとおかしなことをしてたとしても、この子はちゃんと分かるだろうって。

こんなことを書いておきながら、息子達が中学校になって、やっぱり手が付けられなくなっちゃったわぁ〜(ノД`)

な〜んて言っているかもしれませんけどね。


泣いたり、笑ったりと波乱万丈だから子育てって楽しいんでしょうね (*^_^*)



追伸

息子君曰く、子供が小さい時にお母さんがどんなに怖いかって子供に思い知らせとかないと、子供がいう事きかなくなるんだよ。だって・・・・。なんだか大人な発言をしました。

posted by nana at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

ふと思いました。

親は子供の為に広い水槽をあてがおうと必死です。

でも

子供はそんなことはつゆ知らずのんびり泳いでいるように見えちゃいます。

でも

現実はそうでもなく

子供も親が準備してくれている水槽で必死に泳いでいるんです。


ほんとうのところ

親も子も必死に生きているんですよね。


こどもだっていつか親が準備してくれた水槽を出て

自分で新しい水槽を探さないといけないって

分かっているんです


だから

毎日必死に生きてます。


お互い必死すぎて時々見えなくなっちゃうんです。





posted by nana at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

僕の夢

「あー!早く大人になりたい!!」
寝る前にパンツと肌着の息子が言いました。

え?何で????
そう思ったので聞いてみました。

「どうして?早く大人になりたいの???」


「大人になって、パンツと肌着だけで寝たいの。」
「それが夢!」


え???

ちっちぇー!!!

と、思ったけど・・・・。


笑えた。


「今は、子供だし、お母さんがこの恰好だったら風邪ひくって怒るでしょ?」
「大人になったら、どんな格好で寝てもおこられないでしょ?」
「だらか、早く大人になりたいんだよね。」


「大人になる楽しみとっとく為に、服を着て寝るわ。」

だって。


可愛くて笑えました。


息子の名言集でした。





★いつも応援ありがとうございます★



ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

息子の名言

息子君の名言です。


「はい、おかあさん。」


「お花を咲かせてね。」

息子君がお花の種を私に渡して言いました。



「僕も花を咲かせるわわーい(嬉しい顔)

「え?何の?」


「勉強の花を咲かせるわるんるん


「お母さん、種を蒔いてあるので咲かせてくださいね。」


「うん!!!!!」






双子君の発達記録もよろしくね♪
双子君の英語ブログもよろしくね♪







★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

手だけじゃないよ その2

パパだって子育てに参加に賛成です。

でも、平日はお仕事で一緒に入れなかったり
週末もくたびれて寝ちゃったり
いろいろあると思うのです。

でも、一緒に過ごす時間が問題じゃないと思うのです。
どこかに出かける時間がなくてもいいと思うのです。

お子さんの大きさにもよりますが
幼稚園、小学生なら
お父さんに言いたいことってきっとあると思うんです。
幼稚園で小学校でこんなことあった
あんなことあった

ママには言ってることもあるけど
パパには言ってないから
聞いてもらいたい!

そういう時に少しでも聞いてあげてください。
それだけでお子さんはうれしいと思います。

私(僕)の事を思ってくれてるって
そう思うのです。

お出かけしなくても
そういう些細なことが
子育て参加なんだと思います。

子供だって家族だから
一緒に居たいし
話がしたい!そう思うのです。


忙しくても、疲れていても
お休みの日に少しぐらい
お話しする時間はりますよね??

一緒にお風呂に入る時間はありますよね?

お子さんがパパと一緒にいたいって
そう思ってくれる時間は短いです。

中学生になったら
そんなに一緒にいたいと思ってくれないです。

出来ない時もあれば
出来る時もある

でも、お子さんがパパを必要としている時に
自分の時間を少なくしても損はないと思います。
自分の時間を削ったとしても
それは将来自分に返ってきます。

パパも自分の時間は必要だろうと思います。
でも、自分の時間はお子さんが大きくなったら
あると思います。

お仕事で大変でも
一緒にいたいって思ってくれる間に
親子の絆を深めてください。

パパも子育て参加に賛成とは
そう意味です。


★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手だけじゃないよ。

パパだって子育て参加に賛成です。

でも、出来ないパパもいると思うんです。

お仕事で忙しかったり
いろんな理由で
子育てに参加できないパパだっていると思います。

でもね、子育てに参加って
一緒に子育てをするだけじゃないと思うんです。

手を使って、体を使うだけが子育てじゃないと思うんです。

では?どうやって?

それは、言葉です。

毎日、子育てしてるママに
「いつも一生懸命してくれてありがとう。」
「君に感謝してるよ。」
そんな風に言われて悪い気がするママっているでしょうか?

会社の帰りにお花やさんに立ち寄って
奥さんにお花を買って帰る

そんな事をされて怒る奥さんっているのでしょうか?

たいていの人はうれしいと思います。

子育てを手伝うのは
子育てをしているママに優しくする
それも子育てを手伝うことになると思います。

例えば子供が上手にできないのを見て
「君が一緒にいてるのに、躾けられてない。」
そんな風に言われたら
凄く悲しいと思います。

逆に例えば子供が出来なくても
「子供ってなかなか出来るようにならないね。」
「でも、子供だからしかたないね。」
「毎日、毎日、大変だろうね、ありがとう。」

そういう風に言われたら
ママだってうれしくなります。
だって、大変だってわかってくれてると思うから。
だって、やってる事を認めてくれていると思うから。

子育ては体を使うことしかないと思っているパパへ
そんなことはないのです。

もし、何かしらの理由でお子さんのお世話ができないなら
それは、それで仕方のないことです。

だから、何もしないのではなくて
奥さんに優しくしてあげてください。
奥さんの努力を認めてあげてください。
奥さんの大変さを理解してあげてください。
そして、君が頑張ってくれているから
僕は働けると感謝を伝えてくださ。

それが、子育てに参加するということだと思います。

体で参加できないなら
言葉で子育てに参加してみてください。

★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

許しましょう

ママだって自分の事を許しましょう。

あかちゃんが生まれてから
あなたは一生懸命やってきました

一人で夜中に起きて
赤ちゃんのお世話をしてきました

一人で赤ちゃんのお世話をしながら
家事をしてきました

それはすごく大変なことでした

たとえ 今 お子さんが
思うように育っていなかったとしても
それは あなたのせいではない

あなたは あなたで 一生懸命やってきた

だれも褒めてくれなければ
自分で 自分を褒めましょう

子供に対して
出来ていないと言われて
落ち込んでいるかもしれません
出来てないことはないのです

みんな あなたの努力をしらないだけです

でも あなたは 自分の努力を知っている
出来てないと言われて
自分は出来てないと
思い込んでいるだけなのかもしれません

出来てないと思わされているなら
出来てない自分を許してみましょう

私はこれでいいのだと
私は頑張ってきたと

あなたは あなた
それだけで 価値のある人間です

子育てを完璧にできなくてもいいのです
完璧にできている人なんていないのです

だから そのままでいいのです

間違ったと思ったら
そこからやり直せばいいのです

それが 人間です

ママだって愛されたい
ママだって許してもらいたい
ママだって認められたい

だって 人間だから


★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育


posted by nana at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無関心と干渉

「干渉しない」のと「無関心」では違います。
「干渉しない」と「無関心」は似ているようで違います。

その子がどういう結果になろうとも
見守るのが干渉しない。
口出しをしたいけど、そこは我慢。

反対に「無関心」はその子がどうなろうと
しったことではない。

つまり、関心がない=存在の意味を否定されるわけです。

そうすると自分には干渉される価値もない
そういう風に思ってしまうのです。

例えば自分がそうだったらと想像してください。

テストでいい点数をとっても
褒められることもなかったら。

いい点数をとっても意味がないのかと思ってしまいます。


また反対にテストで悪い点数をとっても
怒られることもなかったら。

自分がどうなろうともいいんだって思ってしまいます。

良い点数を取ったら一緒に喜び
悪い点数をとったら一緒にどうしてだろうね?と悩む。

そういう風に自分に興味を持ってもらいたいって
そう思っているのです。

自分に興味を持ってもらえること
つまりは自分にはそういう価値があると
子供は思えるのです。

良くても、悪くても
自分は愛される価値がある
自分は生きる価値がある
自分はそのままで価値がある。

そう思えることが大事なんだと思います。



★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育


posted by nana at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

許すこと 受け入れること

出来ない自分を許すことは
出来ない子供を許すこと

出来ない自分を受け入れることは
出来ない子供を受け入れること

それはとても辛い作業かも知れません

出来ない子供を許すことは
出来ない自分を許すこと

まぁ、いいかって自分を許せたら
まぁ、いいかって子供も許せるでしょう

出来ない子供を受け入れることは
出来ない自分を受け入れること

まぁ、いいかって自分を受け入れることができたなら
まぁ、いいかって子供も受け入れることが出来るでしょう


出来なくても大丈夫
出来ない自分も受け入れてもらえる

そう思えることが大事。

親はただ

出来なくて情けなくなっている子供のそばで寄り添うだけ
出来なくて悔しい子供の側にいてあげるだけ

子供は出来るようにしてほしいわけではなくて

きっと

辛い時、悲しい時に
自分一人ではないって

辛い時、悲しい時に
誰かがそばにいてくれる

自分は一人ではない

そういう安心感が欲しいのかもしれません


出来なくても
出来なくても

側にいて 見守ってあげてください。

親が思う「こうあるべき」に子供がならなくても
許し受け入れてあげて下さい。

そうすれば、子供は自分で「こうなりたい」と思い
それに向かっていくでしょう

「こうあるべき」ではなくて「こうなりたい」と・・・・。


★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育


posted by nana at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

価値がある

自分に価値があるって思えることって大事です。

私は(僕は)生きる価値がある。
私は(僕は)愛される価値がある。
私は(僕は)抱きしめられる価値がある。
私は(僕は)たくさんの価値がある。

そう思うためには
言葉で言ってあげる必要がある

だって、子供は自分でそう思えないから

だから

あなた 生きる価値がある。
あなたは 愛される価値がある。
あなたは 抱きしめられる価値がある。
あなたには たくさんの価値がある。

そう思えたなら どんなことがあっても乗り越えられる
きっと乗り越えられる

だって、なんの価値もないわけじゃないから
だって、自分は価値のある人間だから。

どんなに辛くても
どんなに苦しくても

やり遂げることが出来る

そう思えるから

抱きしめて 言葉で伝えてみてください。

でも、たとえやり遂げられなくても
あなたには 価値があると抱きしめて
そのままを受け入れてあげてみてください

そうすれば また 前に進んでいけると思う


★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

例えば

例えば、毎日、毎日
あなたは 出来ないと言われ続けたら
きっと あなたは出来ない人になるでしょう

あなただけではなく
あなたの大事な人もそうなるでしょう

どうして?できないの?と言う代わりに
もっと素敵な言葉を使えばいい

大丈夫 きっと出来るから
自分を信じで やってごらん

そう言い続けたら

きっと あなたの大事な人は

出来るようになるでしょう
自分を信じれるようになるでしょう

例えば 失敗したとしても
自分を信じて やり続けることが出来るでしょう

それが、大人でも 子供でも

自分を信じること
出来ると思えること

自分にはそれをする価値があると思えること

それは大人でも 子供でも
大事なこと

★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

大切なこと

必要とされること
抱きしめられること
愛を感じること

すべて大切なこと。

必要のない人間と思ってしまわないように
抱きしめて
愛を伝えましょう

そう すべて大切なこと

高価な物を与えるよりも
心を満たしてあげることが大事

心を満たされずに育ったら
それを埋めることに時間がかかったり

どうしても埋めることが出来なくて
いつまでたっても
心にぽっかり穴が開いたまま
苦しいまま
大人になってしまいます。

手遅れにならないように
そう、今から始めましょう。
無理だと諦めずに
与えましょう

ただ与えるのみ

愛を注ぎ続ける
愛を与え続ける

それだけでいい

だけど

それだけが難しい

あなたは愛されて育ちましたか?
愛が足りなかった結果は
あなたが一番よく知っている

だから難しい
簡単なようで難しい

でも、それをすることが出来れば
あなたも救われる

子供だけではなくて
あなた自身も救われる

そう、きっとそうなる

大事なこと

必要とされること
抱きしめられること
愛を感じること

すべて大切なこと。

必要のない人間と思ってしまわないように
抱きしめて
愛を伝えましょう


★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

「ありがとう。」と言うだけ

ある年齢になると
子供は親を手伝いたがります。

その時期はその子によって違うけど

小さな体で
小さな手で

一生懸命に誰かの役に立とうとする姿は
本当に健気でかわいらしいものです。

あまりに可愛くて
手伝いたくなったり
もういいよって言ってしまいそうになるけれど

そこは我慢して

ただ「ありがとう。」とやってくれた事に感謝します。

「ありがとう」に付け加えるならこんな言葉がいいかしら?
「あなたがしてくれて助かったわ。」
「あなたがいてくれてよかったわ。」

そうすれば、私、僕がいて良かったんだ。
そう思えるでしょう。

子供は誰かの役に立ちたがります。
役に立つことで
自分の存在を肯定したいのです。

きっとそう思います。

私、僕がここでいていいんだ。
私、僕は愛される存在なんだ。

そうやって、自分で自分を認めて
自分の事を好きになれたなら

どんなことがあっても
強く生きていける
そんな気がします。

親も子も
心の中で思っていても伝わらない。

余計な言葉はスラスラと出ていくけれど
大事な言葉を口にするのは
勇気もいるし、恥ずかしい。

だけど、どんな高価なプレゼントよりも
子供はその言葉を待っているんだと思います。


だれだって、自分を認めてくれる存在が必要です。

だれだって、誰かに愛されてるって
そう思いたいです。

だから「ありがとう。」と子供にも感謝しましょう。

あなたと こどもの為に

★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い込み

子供を叱るとき

「どうして、こんなことをするの?ばかじゃない?」
と、子供に言ったなら

きっと、その子は

「ああ、こんなことをするなんて自分はばかなんだ。」
と思うでしょう。
そして、また同じ様なことを何度も繰り返すでしょう。

でも、もし、やってしまった行為について
「それはしてはダメなこと。」

そのことだけについて叱られたのなら
結果は少しずつ違ってくるでしょう。

子供はやってはいけないことを
一つ一つ理解して同じことを繰り返さなくなるでしょう。

そして、折に触れて

「あなたはちょっとやんちゃだけど、でもとてもいい子だわ。」
「お母さんの宝物よ。」
「大事な子供よ。」

そういう風に言われたら
何度も叱られても
自分は悪い子ではないと思えるでしょう。

そして、自分を宝物と思えるでしょう。
そして、自分を大事に思えるでしょう。

自分を肯定できる人になれるでしょう。

そうすれば、誰から何を言われても
そんなに心が傷つくことはないでしょう。

だって、何を言われたところで
自分は宝物だし、大事な人間って
そう思えているから

そう思えたら

どんなに辛い事があっても
きっと子供は自分で乗り越えられる
そんな気がします。

「思い込み」は大事です。

「思い込み」は親から子供へのギフトです。


★いつも応援ありがとうございます★

ななと双子君達を応援してね!ランキング順位が上がるよ♪

★双子育児系ブログランキングにほんブログ村 双子
★早期教育系ブログランキングにほんブログ村 早期教育
posted by nana at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。